山田組ロゴ
保有工法



ホースライニング工法(HL工法)・・・上水道用

 ホースライニング工法とは、クリーニングされた老朽管にシールホースを反転挿入して接着し、水道管を補強・保護する工法です。
 シールホースは空気圧によって管内に繰り出されていくため、起点・終点以外の路面の開削を必要とせず、工事中の交通規制を最小限にとどめることができ、工期も大幅に短縮することができます。
 シールホースは薄くて強靱な素材でできているため、施工後の水道管の通水性は新管とほとんど変わりません。ホース素材は科学的にも安定しているので耐久性も向上し、水質にも全く影響を与えません。
 ホースライニング工法は、日々困難の増す管路メンテナンスの問題に直面している関係者に、画期的な工法として迎えられ、信頼と実績を蓄積しています。

▲TOPに戻る


ホースライニング工法の特長
1. 管路の耐久性の向上
完全シームレスの強靱なシールホースをライニングすることにより、管路の耐久性を飛躍的に向上させます。また、シールホースは、大きな引張強度とエネルギー吸収性能で地盤変動・地震による管路の動きに追従し、耐震性も大幅に向上します。
2. 赤水・漏水の防止
シールホースにより管内面が保護されるため、錆の発生を防止するとともに、継手などからの漏水を完全に防止します。
3. 通水能力の改善

シールホースは、非常に薄肉で口径縮小が殆どありません。また、表面が滑らかで通水能力が新管と同程度まで甦ります。

4.ロングスパンの施工可能

反転工法は挿入時の抵抗が小さく、2箇所の作業坑を掘削するだけで、短時間でロングスパンの施工ができ、ベンドを含んだ管路の施工もできます。

5.水質対策も万全

JWWA−K135、日本水道協会規格に適合した材料(シールホース、接着剤)を使用し、水質に無害で寿命は半永久的です。

6. 品質管理も万全

シールホース・接着剤は工場で一貫した、厳しい生産管理のもとで製造されています。高品質なシールホースが安全かつ迅速な施工をお約束します。

▲TOPに戻る

ホースライニング施工プロセス
1. クリーニング

施工区間の両端に作業坑を掘削。水道管を切断後管内通線を行う。その後、クリーニング治具(スクレーパー、ワイヤーブラシ、スワッパ等)を通し、管内のクリーニングを行う。また、必要に応じて高圧洗浄で仕上げる。

2. 接着剤塗布

現場近くの基地で、シールホース内に接着剤を均一に塗布し、車載された反転機内に巻取る。その後、現場に搬送する。

3. 反転挿入

現場到着後、反転機内にエアーを送り込み、シールホースを反転し、管内に挿入して行く。曲がりの多い配管では、到達側に設置した引取機でターンベルト(シールホース内に予め挿通)を引取るベルト反転法を行なう。

4.接着剤の硬化養生

反転挿入終了後、接着剤を硬化養生する。常温のまま圧力を一定時間保持して自然に硬化させる方法と、蒸気により強制加熱して硬化させる方法がある。

5.管端処理

硬化終了後、端部を切断し、管端リング(SUS等)でシールホースを確実に固定保持する。

施工状況写真 *写真をクリックすると次に進みます。

▲TOPに戻る



Copyright (c) 株式会社山田組All rights reserved