山田組ロゴ
保有工法



パルテムHL工法(電力管路用)




パルテムHL工法(電力管路用)の特長
1. 最長350mの一括施工が可能で、迅速かつ安全確実に施工でき経済的です。
2. マンホールを利用し、堀削は不要です。
3. 加熱行程が不要ですので、他のケーブルへの影響がありません。
4. 2mRの曲がりまで施工できます。
●補強効果 ●止水効果
クラックのある管路の管体強度を新品以上に復元、補強します。 管路に完全密着し、浸入水を防止します。
●潤滑効果 ●防災効果
表面が滑らかで、ケーブルの引き込み抵抗を大幅に軽減し、ケーブルに傷をつけません。 万一の事故の場合にも、ライニング層は燃焼せず、ケーブルの入替えが容易です。

▲TOPに戻る

ライニング工程
1.検査・クリーニング

管内カメラにより管路を検査し、スワッパーで管内の異物を排出します。

2.ライニング

内面に硬化性樹脂を含浸させたシールホースを反転機に巻き取ります。
反転機を現場に移動させ、空気圧を加えてシールホースを管内に反転挿入します。

3.保圧養生
シールホース内に検査玉を挿通し、ライニング内径が正常であることを確認した後、常温で硬化性樹脂を硬化させます。
仕様
項  目 性   能
1 静摩擦係数 0.2以下
2 外水圧保形性 2.0kgf/cm2×10分以上
3 圧壊強度 3.5ton/30cm以上(クラックのあるPFP管にライニングした場合)
1.4ton/30cm以上(AP管にライニングした場合)
4 曲げ強度 4.0ton/100cm以上(クラックのあるPFP管にライニングした場合)
5 耐摩耗特性 側圧500kgf/m×300m以上
6 管内径縮小量 5.0mm、7.0mm(ライニング肉厚2.5mm、3.5mm)
7 難燃性 自己消化性あり
8 耐水・耐薬品性 pH1、7、13×60℃×3ヶ月で曲げ弾性変化率20%以下
9 耐油性 70℃×22時間で体積変化率20%以下
10 水中・油中硬化性 20℃×4日でショアー70D以上

▲TOPに戻る



Copyright (c) 株式会社山田組All rights reserved