山田組ロゴ
保有工法



パルテム伏び修繕工法


軌道下を横断している管に伏びライナーを引き込み、空気圧で管内面に密着させ、蒸気で加熱硬化して破損した管を非開削で修繕する工法です。

パルテム伏び修繕工法工程
●洗浄工程 管内を高圧洗浄し、推積物を除去します。
●引込工程 管内をTVカメラで調査した後、ウインチで伏びライナーを引き込みます。
●拡張・加熱工程 圧縮空気をライナー内に送入し、伏びライナーを管内壁にフィットさせた後、蒸気を導入して硬化させ管内装着状態をTVカメラで録画します。

▲TOPに戻る

パルテム伏び修繕工法の特長
1. 土砂の吸い出しを止め、陥没事故が防止できます。
2. 破損の進行を防止し、管内の閉塞を防止できます。
3. 管内面が平滑になり、流化能力が高くなります。
4. 軌道と道路を横断している場合、軌道下のみの修繕も可能です。
5. 異径管の施工も可能です。
列車運行に支障なく、迅速・安全に修繕します。

●引込工程 ●拡張・加熱状況
●ライニング前管内状況
●ライニング後管内状況

▲TOPに戻る



Copyright (c) 株式会社山田組All rights reserved