山田組ロゴ
保有工法



パルテムSZ工法・・・非開削でパイプの若返りをはかる!




本管改築工法:SZ
SZ工法は、マンホールを利用して下水道管内にSZライナーを引き込み、空気と蒸気とでライナーを拡張・過熱して既設管内の中に単独管を形成する工法です。
管内に形成されたSZパイプは、優れた耐久性、耐薬品性を有しています。
●引込工程
ウィンチでSZライナーを下水道管内に引込みます。

写真:引込み工程

●拡張・加熱工程
SZライナーの端部にSZシーラ−を取付け、圧縮空気によりSZライナーを管内に圧着させます。圧縮空気を蒸気に置換することによってSZライナーを硬化させます。

写真:加熱工程

●穿孔工程
SZパイプでふさがれた取付管孔を穿孔機で穿孔します。

写真:孔工程

▲TOPに戻る

本管・取付管一体型改築工法:SZ−B
SZーB工法は、取付管の中に単独管を形成する工法です。
SZーBライナーのツバが、本管のSZパイプと取付管のSZーBパイプとをつないでいます。
●挿入工程 ●加熱工程
ツバのついたSZーBパイプが本管と取付管とを一体化します。

▲TOPに戻る

●強靱なFRP管の中に形成
SZライナーは既設管の中で硬化してFRP管になります。SZパイプは、薄くても下水道用硬質塩化ビニル管と同等以上の単独管強度を有しています。このような強じんなSZパイプで既設管の若返りを図ります。
SZパイプの偏平試験状況
●新管と同等以上の流下能力
SZ施工後は下水道管の内径は減少しますが、SZパイプの内面は平滑であり、粗度係数は0.010以下ですので、施工後の流下能力は新管と同等以上と考えられます。
●コンパクトな設備で確実な施工
SZ施工後は下水道管の内径は減少しますが、SZパイプの内面は平滑であり、粗度係数は0.010以下ですので、施工後の流下能力は新管と同等以上と考えられます。
発進側の施工状況

▲TOPに戻る

●本管と取付管とを単独管でつなぐSZ-B工法

SZーB工法は、ツバがついたSZーBライナーで下水道本管から取付管口(本管と取付管との接合部)と取付管とをライニングする取付管ライニング法です。
硬化したSZーBパイプは単独管としての強度を有しています。SZーBライナーには伸びのある材料を使用していますので、曲管部でのシワを非常に小さくライニングできます。

SZーBパイプの本管側からのライニング状況
SZーB工法の施工状況
 
●安定した品質
SZ工法用樹脂は下水道用に特別に開発されたものを使用していますので、形成されたSZパイプは耐久性、耐薬品性に優れています。また、SZライナーはきびしい品質管理のもとで生産されており、その品質は安定しています。
水中クリープ試験状況

▲TOPに戻る



Copyright (c) 株式会社山田組All rights reserved